ハマケンちゃんの「株式トレード日誌」

VOL③ 2021.9.7~2021.9.16


☀2021.9.16(木) STARTUP!


NYダウ 34,814.39 +236.82 NASDAQ 15,161.53 +123.77 CME日経先物 30,440.00 日経比 -71 

USD/JPY 109.331 9月NY連銀製造業景気指数はQ3の強い経済を示唆、8月小売に注目 中国恒大集団の経営危機、日本・世界経済への影響懸念  

☀2021.9.16(木) GOOD JOB!


本日後場は寄り付きからしっかり喰らいつけた。まだ、多少の荒さはあるもののドンマイ!そのうち上手くいく。

30分弱のレンジ、10時の時間軸の壁、ネックライン2本、きれいなソーサーボトム(トレンド転換型のチャートパターン)いずれの対応もGOOD JOB、よくできました。


☀2021.9.16(木) トレード日誌 (失敗ノート) SUBJECT TOPICS


試行錯誤するのもOK。いろいろチャレンジもOK。でも、この状態(11時の時間軸、レンジブレーク)を考えるとさらにネックラインを加える必要はない。ロスが20ポイント以上と大きい。狭いレンジ以外はトレンドチェイサーを徹底。

(本日の市場概況) 日経225 30,323.34 前日比 ー188.37  出来高 1,261百万株 

本日終値 6,542円 前日比 ー92円安 高値 6,719円 安値 6,401円 値幅 318円 本日出来高21,112千

東証大引け続落 利益確定売り優勢に 中国株安も重し (需給情報)9月第2週、海外投資家が日本株を1兆0586億円買い越し=現物先物合計 ソフバンG、サウジ企業に初の直接投資 講談社とアマゾン、直接取引を開始へ!


☀2021.9.16(木) 本日の損益結果


本日計 :33勝30敗 【+41,300/100株  +413,000円/1000株なら】

 今週計:125勝120敗 【+103,130円/100株 + 1,031,300円/1000株 なら】 

@HST2 simulation date

☀2021.9.15(水) STARTUP!


NYダウ 34,577.57 ー292.06 NASDAQ 15,037.76 -67.82 CME日経先物 30,180.00 日経比 -490 

USD/JPY 109.733 米国株、ダウ反落し292ドル安 米長期金利低下で景気敏感株に売り ナスダック5日続落

中国不動産大手が巨額負債、投資家ら殺到 破綻すれば経済リスク ソフバンG 19年3月に続きラテンアメリカファンド2設立 初回30億米ドル


☀2021.9.15(水) GOOD JOB!


これ大事なとこだね。時間軸14:00ピタリ&ネックラインで上下に揺さぶってくれて後場のナイスシーンでした。これも、地道にトレンドフォロー、チェイサーを継続しているからだろう。

上下動の一服で踊り場(レンジ)ができるがこのパターンはどうだろう。下のブレはそのままで、上に抜けることだけに気を配っておけばよい。いづれ上下どちらかに抜ける。


☀2021.9.15(水) トレード日誌 (失敗ノート) SUBJECT TOPICS


本日も3回ほどわき見運転があったな。集中が結構の長時間で本日のように動きが激しい相場ではレンジでほっと一息つきたくなるね。今日は、特別に眠かったな。寝るより、わき見が少しはましか?休むよりはずいぶんよい。

(本日の市場概況) 日経225 30,511.17 前日比 ー158.39  出来高 1,205百万株 

本日終値 6,634円 前日比 ー407円安 高値 6,945円 安値 6,605円 値幅 340円 本日出来高

 日経平均は反落、前日の達成感から利益確定売りが先行26,860千 SBG前場寄り付き前成り行き注文 売り35万 買い11万 SBG大幅続落、8日に7,680円まで短期間に2割以上の上昇を記録した戻り相場が一服し、その間で上値に新たな買い玉が取り残された格好となるなど需給が悪化したことで、再び下値模索の動きとなっている。前週現在の信用倍率は12.86倍。前週1週間で信用売り残は、25万5600株減少し159万7000株となる一方で、信用買い残は231万300株増加し、2048万1000株となった。


☀2021.9.15(水) 本日の損益結果


本日計 :42勝38敗 【+33,200/100株  +332,000円/1000株なら】

 今週計:92勝90敗 【+61,830円/100株 + 618,300円/1000株 なら】 

@HST2 simulation date

☀2021.9.14(火) STARTUP!


NYダウ 34,869.63 +261.91 NASDAQ 15,105.58 -9.91 CME日経先物 30,435.00 日経比 -12 

USD/JPY 110.003 米国株、ダウ反発し261ドル高 景気敏感株に買い直し ナスダックは続落 


☀2021.9.14(火) GOOD JOB!


*ラインチャートの件、土日の検証と昨日の検証を経て結果28Tickラインチャートを本日試行した。結果、良好!

*11時10分までの約30分ほどのレンジを7手でTRADE CHASERを実行した結果で+5400円GETは大きい。トレンド追随をやってなければ少なくとも2000円の差が出たはずだ。レンジからトレンド転換のブレークに乗るには地道に手数をかけてトレンドチェイサーを実行することだ。

*それにしても、後場はほぼレンジ状態。しつこく追い回したが、ブレークすることなく終わった。損切りが平均(4円)400円程度か?後場でtotal3oo円だった。


☀2021.9.14(火) トレード日誌 (失敗ノート) SUBJECT TOPICS


さすがに9時20分頃のトレンド転換の時間帯にスマホわき見運転はないだろう!わき見運転事故の元、この1分程度のわき見でプラスマイナス増額で4,000円程度は損失だ。

(本日の市場概況) 日経225 30,670.10 前日比 +222.73  出来高 1,339百万株 

本日終値 7,041円 前日比 ー35円安 高値 7,157円 安値 7,007円 値幅 150円 本日出来高 14,234千

東証大引け3日続伸、31年ぶり高値 経済正常化期待、TOPIXは2,100超え ジャスダックが年初来高値


☀2021.9.14(火) 本日の損益結果


本日計 :25勝32敗 【+20,800/100株  +208,000円/1000株なら】

 今週計:50勝52敗 【+28,630円/100株 + 286,300円/1000株 なら】 

@HST2 simulation date

☀2021.9.13(月) STARTUP!


NYダウ 34,607.72 -271.66 NASDAQ 15,115.49 -132.76 CME日経先物 29,970.00 日経比 -411 USD/JPY 109.896 -0.196 米ダウ5日続落し271ドル安 経済回復の鈍化懸念で VIX恐怖指数、久々の20%台


☀2021.9.13(月) 分足vsTickラインチャート比較


もう一度検証してみることにするが、まさかこれほどの差が出るとは驚きだ。相場でトレード中も多少はTickチャートの方が、切り返しが早い分は有利かと感じたが、後場の2.5時間でこの差は大きいね。明日も、引き続き検証を試みるが仮想とリアルは違うね。やはり、再三のシミュレーション&検証が大事だ。

1分足ラインチャート:T38ラインチャート:T12ラインチャート=55:122:145なり。


 ☀1分足ラインチャートの場合 9月13日後場の検証結果 9勝14敗 +5,500円


☀T38ラインチャートの場合 9月13日後場の検証結果 13勝11敗 +12,200円


☀T12ラインチャートの場合 9月13日後場の検証結果 21勝12敗 +14,500円


☀2021.9.13(月) トレード日誌 (失敗ノート) SUBJECT TOPICS


前場の寄り付きから1分足ラインチャートでシミュレーションしてたら、たまらずREALに手を出してしまった。またもや、大失態。1時間弱で4勝8敗ー6,670円とはお粗末だ。明日からは、とにかく、UP&DOWNの動きに喰らいついてやる。そのうちに、動体視力と反射適応力がついてくる。続けていけば、必ず。

(本日の市場概況) 日経225 30,447.37 前日比 +65.53  出来高 1,135百万株 

本日終値 7,076円 前日比 ー103円安 高値 7,217円 安値 6,998円 値幅 219円 本日出来高 16,978千

N225続伸した。先週までの急騰で高値警戒感から上値が抑えられていた一方、新型コロナウイルスの新規感染者数の減少傾向や国内政治の変化への期待感が引き続き支えとなった。TOPIXは連日の年初来高値更新となった。


☀2021.9.13(月) 本日の損益結果


本日計 :25勝20敗 【+7,830/100株  +78,300円/1000株なら】

 今週計:25勝20敗 【+7,830円/100株 + 78,300円/1000株 なら】 

@HST2 simulation date

土・日 考察時間


1分足をラインチャートにして、Tick38足と比較してみた。1分足ラインチャートの方がシンプルでより滑らかだ!早速、実戦でチェックしてみたい。1分足ラインチャートがリアルでどのような動きをするか?来週から早速、シミュレートしてみることにする。当面、Real Trade からSimulation Tradeに変更。好調ならRealに復帰。

ラインチャートとは時間ごとの終値をつなげた線。ローソク足にある始値、高値、安値が表示されない。窓開けもなく株価の動きの傾向が視覚的に把握しやすい。陽線、陰線、ひげがないために値動きに惑わされないという利点。

Tickチャートとは、1約定ごとにチャート上に点をつけて点の集合で株価の推移と出来高を示すチャートの種類。ローソク足と違い、点(TICK)の急増などで相場のモメンタムが見極められるため、主にデイトレードで用いられる。

☀2021.9.10(金) STARTUP!


NYダウ 34,879.38 -151.69  NASDAQ 15,248.25 -38.38 CME日経先物 29,905.00 日経比  -103 USD/JPY 109.733 -0.501 欧州株式市場=横ばい、ECB緩和縮小は予想通り 米国株、ダウ4日続落し151ドル安 米景気鈍化を懸念 製薬株安も重荷

☀2021.9.10(金) まさかの2連敗


日本株式の超短期(数秒から数分)売買の一番良いところは、対戦時間は平日の前場が9:00~11:30、後場が12:30~15:00までの5時間。土日は休み。シミュレーション&検証はやってるけど戦場じゃない。そして、翌日、翌週に建玉を持ち越さないから気が楽だ。今週はまさかの2連敗で残念だけど、あんまり気にならない。ベストは尽くしたし、ちゃんとやることはやった。やってみなけりゃ結果は出ない。それはそれでよし。明日がある。

☀2021.9.10(金) トレード日誌 (失敗ノート) SUBJECT TOPICS


さすがに本日は居眠りはなかったが、キー操作ミスによる両建て事件が4件発生した。慌てずに処理はできたが損失額も大きい。スキャルピング的なハマケントレード手法は、トレンドを順張りで追随するもので手数が多い。100円単位の金額を積み上げていく。そのため、REAL TRADE前のシミュレーションで実施していたドテン方式の追随をやめていたが、どうしても損切り額が大きくなり、逆にエントリー回数の減少、エントリーポイントの遅延が生じていた。これらの問題点を解決するためにはもう一度ドテン方式の追随パターンに戻す必要がある。本日後場で検証してみたが、来週から原点に戻りドテン方式の追随パターンで再出発をする。2連敗で実損害も痛かったが、シミュレーションでは体験できない。キー操作、瞬発的な(一時的にチャートが止まってしまうような)値動きも体験できた。それはそれで良しとしよう。

(本日の市場概況) 日経225 30,381.84 前日比 -373.65 出来高 1,486百万株 

本日終値 7,179円 前日比 +54円高 高値 7,344円 安値 7,082円 値幅 262円 本日出来高 27,781千

ソフバンG、独中ロボット企業、2.2憶ドル調達ソフバンGのファンドなどから ソフバンG、無担保劣後社債計500億円を発行 利率2.40% 日経平均は反発、アジア株高や政治への期待が支え、半導体株の上昇目立つ、TOPIXは年初来高値


☀2021.9.10(金) 本日の損益結果


本日計 :なんと2連敗13勝44敗 【-19,190円/100株 -191,900円/1000株なら】今週計:127勝172敗 【33,540円/100株 335,400円/1000株 なら】 今月計:127勝172敗 【33,540円 /100株  335,400円/1000株なら】 

☀2021.9.9(木) マーケット情報


NYダウ 35,031.07 -68.93  NASDAQ 15,286.64 -87.69 CME日経先物 29,970.00 日経比  -211 USD/JPY 110.263 米経済、8月にかけてやや減速 デルタ変異株拡散が重し=連銀報告 米国株、ダウ続落68ドル安 景気鈍化を懸念した売りナスダック反落 


☀2021.9.9(木) 昨日の反動か 弱もちあい


上に抜けると利益確定売り(一時的な高値警戒感から)、下に抜けると押し目買いか(一段の上昇期待)。どちらに向かっても直ぐにつぶされる感覚の一日だった。慣れてくるとべた波より少々荒波の方が波に乗りやすいんだろう。これまた経験。勝てる相場でしか戦うなかれ!


☀2021.9.9(木) トレード日誌 (失敗ノート) SUBJECT TOPICS


なんと10時53分から11時22分までで8連敗ー6,970円。しかし、取引後に検証してみると20円程度の益出しができるトレードポイントは1か所しかなかった。9時半頃から何か変だとは感じていたが大惨事になった。休むのも相場。その日の建玉の勢いを肌で感じ早めの対応をしなければ。

休むも相場! 勝てる相場でしか戦うな!

(本日の市場概況) 日経225 30,008.19 前日比 -173.02 出来高 1,260百万株 

本日終値 7,125円 前日比 -140円安 高値 7,209円 安値 6,958円 値幅 251円 本日出来高 26,200千

日経平均、9日ぶりに反落 高値警戒感から利益確定売り ただし、押し目買い意欲も強く崩れる気配なく3万円台を維持する格好で弱もちあいとなっている。


☀2021.9.9(木) 本日の損益結果


本日計 :13勝26敗-12,670円/100株 -126,700円/1000株なら】今週計:108勝128敗 【52,730円/100株 527,300円/1000株 なら】 今月計:108勝128敗 【52,730円 /100株  527,300円/1000株なら】 

☀2021.9.8(水) マーケット情報


NYダウ 35,100.00 -269.09 NASDAQ 15,374.33 +10.81 CME日経先物 29,935.00 日経比  +18 USD/JPY 110.268 NYダウ 200ドル超えの値下がり  感染拡大で景気回復鈍る懸念 米国ADR ソフバンG 軟調

日経225は3万円挟みもみ合いか?最高値警戒感と利益確定売り 買戻しが綱引き


☀2021.9.8(水)  チャートパターン「ペナント」


上昇トレンドの時、もみ合いでペナント(トレンド回帰型チャートパターン)の形になると、トレンド回帰しやすい。つまり上にブレークしやすいといわれる。


3種類のトレンド転換型チャートパターン


ネックラインがポイントですが、下図の3種類のチャートパターンが形成されると下降トレンド回帰するよりも、上に行きやすいことを示唆します。ネックラインを上にブレイクして流れが反転しやすいということです。


☀2021.9.8(水) トレード日誌 (失敗ノート) SUBJECT TOPICS


ティックチャートのゲージを本日からT12からT36に変更してみた。出来高&ティック数がダントツで多い日は動きが誇張され過ぎていてついつい手(利益確定、損切り)を出したくなってしまう。そのため、変更した。結果は良好のようだ。さらにT58にゲージをあげると1分足に近いチャート形状になる。

T12チャート画像

T38チャート画像


ときどき日計り信用成績表!


便利な時代になったもんだ。取引日(27時30分以降)に画像のデータが確認できる。勝率は52.34%でこんなもんだろう。本日のGOOD JOBは損益幅:益出し+1,339円/1回に対して損切り-728円/1回。建玉の保有時間も益出し2分、損切り1分ってところ。ようやく片目が開いたってところかな?苦節8年。がんばれハマケンちゃん!


(本日の市場概況) 日経225 30,181.21 前日比 +265.07 出来高 1,320百万株 

本日終値 7,265円 前日比 +322円高 高値 7,680円 安値 7,060円 値幅 620円 本日出来高 68,852千

東証大引け 8日続伸し3万円台回復 政策期待の買い続く